Menu

ローンが残っていない家を担保にお金を借りるにはいくら借りれる? 2016年11月28日

家を担保にお金を借りることが出来るローンの事を不動産担保ローンと言いますが、不動産担保ローンは一般的なカードローンなどと違い、担保となるものが設定されるため、高額融資を受ける事が出来るなどのメリットが在ります。

一般的なカードローンと言うのは保証人および担保が不要になっているため、銀行のカードローンでも1000万円と言った金額が極度額になっているなど、必要な金額まで融資を受けられないケースも在ります。

その点、家を担保にお金を借りることが出来る不動産担保ローンは家の価値に応じて融資を受ける事が出来るため、個人向けのカードローンと比較をしても、金利が低い事や利用可能額が高額になるケースも在ります。

尚、住宅と言うのは大半の場合が住宅ローンを組んで借入をしているケースが多いわけですが、ローン返済が完了している場合と完了していないばあいでは抵当権が設定されているか、解除されているのかの違いが在ります。

住宅ローンの完済している場合、建物自体は古くなっていても土地自体の価値は変わりませんので、融資額も土地の価値に応じた金額で融資を受ける事が出来ます。

また、ローンが完済していると言う事は、抵当権が解除されているので、他の金融機関が抵当権を設定している物件と比べると、単独での抵当権を設定することが出来るため、債権の回収がし易いと言うメリットも在るため、ローンが残っていない場合、融資額が大きくなるケースが在ります。

【お金を借りる方法】知っておくだけでもメリット大!はこちら